誕生石

ガーネットとスターガーネット


☆ガーネット(garnet)
柘榴石(ザクロ石)紅榴石(ベニザクロ)
分類(半貴石)
硬度:6.5-7.5
1月の誕生石です。

無色・黄色系・褐色系・赤色系・緑色系・黒色に見える石、などの色があります。
濃い赤色のガーネットを目にする事が一番多いかと思います。
IMG_4550.JPG
スターガーネットです。
星のような輝きがわかるかな?
とっても美しい石です。
IMG_0445.JPG
明るい日差しを通すとかすかに赤いんだなぁってわかると思います。

IMG_4604.JPG
スターガーネットの12mmと、他の石とを組み合わせてちょっと作ってみました。
ガーネットはできれば他の石と組み合わせて作るのはお勧めではないので、このブレスはすぐに解いてガーネットのみで作りなおしました。

IMG_4603.JPG

世の中にありつづけるものは何一つないかもしれませんが、生きているその時に少しでも心豊かに心穏やかに過ごせる為のアイテムがパワーストーンだと私は思うのです。

ガーネットは、目標を達成させてくれる力をくれる石と言われています。
他の石に嫉妬する石なので、ガーネットのブレスをつくる時には組み入れるとしても水晶くらいでしょうかね。
石が壊れたり、割れたりした時には厄を祓ってくれたなぁって思う事にしています。

スターガーネットビーズ 8mm玉/1粒

スターガーネットビーズ 8mm玉/1粒
価格:399円(税込、送料別)


ブログランキングに参加しています。
クリック応援お願いします^^

banner_23.gif

パワーストーン意味 誕生石・記念日の石辞典トップに戻る

石の種類

クラスター水晶(cluster)


☆クラスター水晶
IMG_0732.JPG
ヒマラヤ産クラスター水晶です。

大きさはH58mm_W1300mm_T66mm
8,000円くらいでした。
大きなクラスター水晶は何万円も何十万円もするものがありますが買えません。((笑))
そんな大きな水晶を置く場所も無ければ金銭的にも無理〜でございます。w


クラスターとは群晶(複数の物体が集まってできているもの)です。
クラスター水晶にはさまざまな種類があります。
紫水晶の置物が昔は流行った事がありますね。
私の実家にも大きな紫水晶が飾ってありましたが、どこに行ったのやら?
玄関先や床の間に飾ってあるものでした。

クラスター水晶でパワーストーンの浄化用としてクラスター水晶を購入する方も増えていますね。
クラスター水晶もパワーストーンですから、石を石で浄化するということになります。
IMG_0739.JPG
さざれ石でも浄化には良いと思いますけどね。
セージの葉が手に入らなければ桜チップでも・・って訳にはいきませんかね。^^;

今回は、なんとなーく「気」の合いそうなクラスター水晶を購入してみました。
見た瞬間にこれが気に入ったのでございます。

少しピングがかった色をしています。
土壌に含まれる鉱物(酸化鉄等)が水晶の色をさまざまな色に変えるようです。


パワーストーンは古来からさまざまな意味合いを持つとされ、さまざまな用途に使われてきました。
石は数千年、数万年、数億年をかけて地球の大地の中で造られます。

歴史が移り変わる長い貴重な時間の中で石は耐えて石のままであり続けるものや細かく砕けるものもありますね。
川の石も山の石も頑張って石の状態にあるものです。
石という物体全てのものがパワーストーンと言っても過言ではないとも思います。
地球の痛みも喜びも悲しみも味わってきた石なのですから。

昔からの言伝えがあるのです。
「自分が生れた時から大きな石が家の敷地内にある時には動かすな。」
っていう言伝えなんですが、石がその家や人の精神を守ってくれているから動かすなということらしいです。
地神様がいらっしゃるとか。
この話は九州の私の出身地の話で祖母から聞いた話です。
この話の裏はというと、人力で大きな石を動かしたりすると自分の体を痛めますから無理をしてはいけませんという意味なんですね。

この石で何かの病気が必ず治るとかそんな事はないのですが、自分が気に入ったものを身につける事で精神的に良い方向に向かうのであれば、その石の力は薬よりも効くのかもしれません。
私は「気」というものを常に大切にしています。
「病は気から。」と言う言葉がありますが、それはストレスは気から。ストレスは病の元。
そう考えるとストレスを発散してくれる「気」になる好みの石を持つことで安らぐならばと思ってパワーストーンブレスを作っています。

さっそく、浄化浄化^^
H58mm_W1300mm_T66mm.JPG

クラスター水晶を目に見える場所に置いているだけで落ち着きます。^^

ヒマラヤの石は掘りつくされると・・と少し気になるところではありますが。

ブログランキング
banner_23.gif

パワーストーン意味 誕生石・記念日の石辞典トップに戻る

製作日記

染め珊瑚、深紅の薔薇のパワーストーンブレス


染め珊瑚の深紅の薔薇を基調にパワーストーンブレスを作ってみました。
染め赤珊瑚.JPG

ピンク珊瑚の薔薇等も売られていますが、一個で数千円から数万円以上します。
ちょっとお洒落な感じで若い人にも似合いそうな感じのブレスが出来上がりました。

赤のルースも染めの珊瑚です。
IMG_4636.JPG

白いクラック水晶は本物でございます。^^
通常は金属類は使わないのですが深紅の薔薇などの彫刻ものにはこういうものもありかな?
と思います。

ロンデルを使う手もありますが、ロンデルは金属アレルギーがある方などには使えませんね。
チタン製や、ロンデルでも金メッキでしっかりしたものか、プラチナは高価すぎるのでステンレス製などのものなら許容範囲ということで使っても・・いいかな?と思います。
IMG_8371.JPG
お洒落に見えますけどね。こんな感じの物も作ってみましたが。。。。。
IMG_1810.JPG



高価ですね。orz


こちらはピンク珊瑚です。

上記2つのお品の値段はルースではなく薔薇を模る手間がかかっていることもお値段に反映しているのでしょうね。



コーラル ピンク.jpg
本物の珊瑚(ピンク)です。30年程前にいただいた珊瑚のイヤリングですが変色もなく今でも使えます。
自然のものってやはり素敵ですね。

珊瑚は沖縄でお土産として売られているのが有名です。
沖縄に行ったら安価に手に入るかな?ともちょっと思ったりします。
珊瑚は動物の一種(刺胞動物の花虫綱)ですから、通常のパワーストーン(石)と違いがあります。
真珠と珊瑚は海中の二大宝石といわれていますね。

赤珊瑚は血行をよくすると昔からの言伝えのようなものがあります。
ピンクの珊瑚は芸術の才能を開花させるとも。
白いサンゴ礁は水槽の中でよく見かけますが、これも宝飾に使われます。
白い珊瑚は幸運をもたらすという言伝えがあるそうです。

ブログランキング
banner_23.gif

パワーストーン意味 誕生石・記念日の石辞典トップに戻る

製作日記

来年の2月以降のお守りパワーブレスレット

来年っていつの来年やねんですね^^;
一生の内のほとんどが小厄や前厄後厄大厄なのでいつでもいいですね。

モーリオンとブラックジェダイト、そして水晶四神獣の石を使ってパワーブレスを作りました。

自分用でもいいのですが、来年に厄年を迎える友人に贈っても喜ばれるかなと思って、無心で作りました。

モーリオンとブラックジェダイトのパワーブレス.JPG

来年辰年の対位法冲が南であること、そしてその南に来るのが一白水星なのです。
一白方位が対位法冲という事に私はとてもとても心配しています。
自分の事だけではなくて。

なので、モーリオンを使ったのは南を守る四神獣の一つ「朱雀」のサイドに2個使いました。
朱雀に力を〜!
ま、深い意味は星占いのページで色々と調べられますし、このページはパワーストーンの石の意味や種類や手作りをご紹介するページですからこれ以上は^^;ご勘弁下さいませ。

ということで、ブラックジェダイト、黒翡翠とモーリオンの強い力を四つの龍でさらに強固に守ってもらえるようにと作りました。
心強く感じるパワーストーンブレスが作れたと思います。
何が起ころうとも前に向かって力強く歩いていけるように、目的成就に向かって一歩ずつ前に進めるようにという気持ちを持ちたい人にこのパワーブレスは持っていていただきたいなぁって思いました。

もう一個は男性用と言う感じで内径16cmくらいで作りました。
たまにはオークションにでも出してみようかな?とか思いますが、どうなんでしょうね。
材料費だけの金額で売れてくれるならそれでいいと思っていますけど、材料費・・結構かかってますよ。(笑)
それでも誰かの手に私がつくった石のブレスが渡って、何事かあった時に少しでも力になってくれていたとしたら、それはその方だけではなくて私も嬉しいことですからね。

お話はちょっと変わりますけど
身内の姪子の誕生石がガーネットなんです。
それでスターガーネットというガーネットなんですが硬度もガラス並みに硬いガーネットでとても美しい石をみつけたので購入しました。
届くのが楽しみです。姪子が喜んでくれそうな可愛いものができるといいなと思っています。
またその石については後日記述致します。
ブログランキング
banner_23.gif

パワーストーン意味 誕生石・記念日の石辞典トップに戻る

は行の名前の石

翡翠(ひすい)ジェダイト


翡翠(ひすい)Jadeite(ジェダイト)

・モース硬度:6.5~7
・ナトリウムとアルミニウムを含む単斜輝石
・比重:3.25-3.36
IMG_0431.JPG
産地は主にミャンマー。

人口に翡翠と言っても「硬玉=ヒスイ輝石と軟玉=ネフライト透閃石-緑閃石系角閃石があり、両者は別物で硬度も違いますが見た目で区別しにくいので、硬玉も軟玉も翡翠と呼ばれています。
IMG_0429.JPG
古代の日本では新潟の糸魚川で産出されていたそうです。

不老長寿の石として珍重されていました。

翡翠の翡(ひ)という文字は雄(オス)のカワセミ(野鳥)で赤色の事を言い、翠(すい)という文字は雌(メス)のカワセミで緑を意味しているといわれた時代が中国ではあったらしい。
雄と雌がいることでさまざまな色の子供の石が生まれるという意味でもあるのか、翡翠には赤色やオレンジ色、黄色、橙色、薄紫色、黒色とさまざまな色の翡翠があります。
日本ではカワセミは「しょうびん」と呼ばれていたので、日本由来の考え方でない事は確かですね。

英語では、硬玉、軟玉、碧玉等の総称としてジェイド(Jade)。
翡翠輝石をジェイダイト(Jadeite)、
軟玉(透閃石-緑閃石系角閃石)をネフライト(Nephrite)と呼ぶようです。

死者の魂の鎮魂を行い、さらには厄除け、徳を得る、体の不調を整えるなどの効果があるとされていました。
マヤ時代(マヤ文明)では翡翠の仮面が有名です。

守りの石として古代からこの石のパワーに守られているようにも思います。
マイナスの力をすっと石が吸いとり、プラスの力に浄化して自分の体にその波を送ってくれるような石です。
IMG_0430.JPG
(ブラックジェダイト)
今回は2種類の翡翠にとても魅かれてしまい購入してみました。
ブラックジェダイトも成分はNaAl(ヒスイ輝石)比重:3.25-3.36です。
黒というより濃い灰色っぽい色です。

純粋なものは白色ですが微量の鉄やクロムによって緑色になったり別な色になります。
翡翠赤の亀.jpg
この彫刻石は赤の翡翠だということで、随分昔に中国の方からいただいたものです。
硬度が7あればガラスと同じ硬さということですから硬いです。そうそう簡単には割れません。
IMG_4546.JPG
似てますよね。でも違うんですよね。
石は見た目だけではなかなか判断できませんね。

早速来年に向けてお守りになるパワーストーンブレスを作ることにします。

今回の翡翠はGenuine ONLINから注文致しました。^^
http://www.j-genuine.jp/
スタッフの方はとても親切です。
さまざまな希少な石を見ることができます。購入しなくても見るだけで楽しいwebページです。
普段ロンデルは使わないのですが試しに作ってみました。
こういう感じも悪くないかな?
IMG_4850.JPG


ビルマってミャンマーの事ですよね。

ちなみに、インド翡翠と言われているものは、「翡翠」と呼ばれているものと同じものでありません。
アベンチュリンに他の鉱物が混ざって緑色に見えるものでグリーンアベンチュリンと呼ばれています。
クォンツァイトに染色してあるものは、とっても鮮やかな緑色をしています。
インド翡翠といわれているものは安価なものが一般的です。
でも色はとても美しいですし、帯止めやその他の装飾品は加工もしやすいので可愛い彫刻なども施しやすそうですね。



ブログランキング
banner_23.gif

パワーストーン意味 誕生石・記念日の石辞典トップに戻る

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6..  次の5件>>


Powered by Seesaa